2019年 10月 の投稿一覧

プリオールカラーコンディショナー効率的に染める方法!

コマーシャルでお馴染みの資生堂から発売されている新しいタイプの白髪染めコンディショナーである「プリオールカラー」は、放置時間が「5分間」と短いのがほかのカラーコンディショナータイプの白髪染めとの違いで、毎日の洗髪時に、誰でも自宅で手軽に綺麗に気になる白髪を染めることができるために人気となっています。

プリオールの特徴は、放置時間の短さ以外にも髪や頭皮に負担をかけることなく染めることができることです。
ドラッグストアやスーパーなどで販売されている一般的な白髪染めは、一度でしっかりと白髪を染めあげるために髪や頭皮に負担をかけやすい強い成分が含まれてるので、染め上がりには満足できるものの使用後には髪の毛の軋みやパサつきを感じやすくなります。

また、何度も繰り返し使用することによって、頭皮の乾燥を促進させて頭皮環境を悪化させる場合もあり薄毛や抜け毛の原因になりかねません。しかし、プリオールカラーならば、配合されている成分は髪や頭皮に負担の少ないもので作られているので継続して使用しても安心です。

むしろ、使い続けるたびに髪の毛に艶やコシを与えることもできるでしょう。何かとメリットの多いプリオールカラーですが、数回の使用で白髪を目立たなくするタイプの白髪染めであるために、使用する方法によっては満足するような仕上がりにならないこともあります。

 

プリオールカラーコンディショナー効率的な染め方を伝授

そこで、初めてプリオールカラーを使用する人に効率的な染め方を伝授していきましょう。

まずは、洗髪後に水けをタオルなどでしっかりと取り除いてから白髪が気になる部分に塗付していきます。塗布することができたら、ヘアキャップやサランラップなどを使って頭皮や髪全体を保湿します。そうすることで、プリオールカラーの成分が髪や頭皮に浸透しやすくなるでしょう。

さらには、使用書上の放置時間は「5分間」ですが、一般的には白髪染めは待ち時間を長くするほど染まりやすい傾向があるので、放置時間を10分から15分間ぐらいに延ばしておくこともおすすめです。

白髪は髪の根元の辺りが気になる安いものですので、定期的にプリオールカラーを使用してカバーしていくことがおすすめです。

>>プリオールカラーコンディショナーの使い方

 

クロエベールで頭皮の痒みや腫れは大丈夫?

白髪染めをすることができる商品は危険な成分が配合されているものもあります。長期間使用していると髪の毛や頭皮にダメージが出てしまうので注意しておきましょう。髪染めを購入するときはなるべく危険成分が配合されていないものがおすすめです。

素人が市販の髪染めを見たときに、どれが危険成分なのか判断するのは難しいです。そういうときに便利なのがクロエベールと呼ばれる商品で、これはジアミン系の成分を配合していません。ジアミン系の成分は刺激やアレルギーが発生しやすい物質です。頭皮のかぶれや腫れや痒みなどを発生させる恐れがあります。

 

クロエベールなら頭皮もピリピリしない

白髪染めを使って頭皮がピリピリとする場合は、軽度のアレルギー反応が出ていると考えておきましょう。またジアミン系はごくたまにアナフィラキシーショックを誘発してしまいます。

これは過激なアレルギー反応が原因で起こる症状で、意識障害や呼吸困難になってしまう可能性が高いです。頭皮の痒みや腫れが起こったときには成分を確認して、ジアミンが配合されているのなら使わないようにします。

クロエベールはジアミンを含まずアレルギー反応が起こりにくい自然の成分を配合しています。美髪成分が20種類も配合されており美容にも効果を発揮します。8種類の海藻エキスや植物原料、米ぬかなどの成分を配合しているのが特徴です。サクランはヒアルロン酸の10倍もの保水力を持つ機能的な成分です。これもクロエベールに配合されている成分の1つで、頭皮全体を覆い潤いを保てます。

クロエベールを販売しているマイケアは花蘭咲と呼ばれる育毛剤を作っています。女性用の育毛剤花蘭咲を作っている実績もあります。育毛剤を開発する上で身についたノウハウを使い開発したのがクロエベールです。それだけに質の高い成分で構成されたクロエベールは信頼感が高いです。

頭皮をしっかり守ってくれる成分が配合されているクロエベールは、危険成分は一切入ってないので安心です。

>>クロエベールの口コミ