クロエベール白髪染めの成分は安全性・副作用大丈夫?

クロエベール白髪染めは、トリートメントタイプの白髪染めです。
ですが、泡で染めるタイプなので薬局やドラッグストア等で販売されている染まりは良いけど髪が傷むタイプと勘違いされることがあります。

 

染まりが良い方が良いけれど、髪が傷むのは心配です。また、良く染まる白髪染めは強い成分が配合されていて、頭皮が荒れたり痒くなったり副作用が起きないか心配です。

 

クロエベール白髪染めは、頭皮が荒れたり痒くなったり等の副作用の心配はないのでしょうか?

 

クロエベールの安全性と副作用について詳しく見ていきましょう!

 

クロエベールの安全性は大丈夫?危険な成分はない?

白髪染めによく入っている気になる成分は「ジアミン」です。

 

『ジアミンは何だか強くてあまり良くなさそう・・・』
というイメージがあると思います。

 

とある記事には、「ジアミン」には発ガン性物質が含まれているなんてことも書いています。

 

なので「ジアミン」等強い成分が配合されている白髪染めはおすすめできません。

 

その点、クロエベールには「ジアミン」や「酸化染料」「シリコン」「合成香料」「酸化剤」など髪や頭皮に負担のかかる成分は極力避け、「やさしくキレイに染まる」配合にこだわっています。

 

頭皮ってすごくデリケートなのですが、クロエベールには「サクラン」というデリケートな頭皮を保護し、今までにないうるおいをもたらしてくれます。

 

そのため、副作用の心配もありません。

 

また、通常の白髪染めって髪が傷むイメージが強いと思いますが、クロエベールの場合は、逆に傷んだ髪を改善する効果が期待できます。

 

髪を傷めるタイプの白髪染めは、キューティクル開いて髪の中から染めるため髪にすごく負担がかかります。

 

でもクロエベールは、キューティクルは開きません。逆に開いたキューティクルを補修する効果が期待できます。

 

ただ、クロエベールは表面的に染めるタイプの白髪染めですので、キューティクルを開いて中から染めるタイプの白髪染めと比べると、1回の染まり方は弱いです。

 

その代わり、髪に負担がかからないので毎日でも使うことができます。使う頻度をあげることで、白髪は徐々に染まってきて目立たなくなります。

 

クロエベールは副作用の心配なし!こだわりの美髪成分が20種類配合!

さきほども説明した通りクロエベールは頭皮が荒れたりかゆくなったり等の副作用の心配はありません。

 

それどころか、8種の海藻エキスと植物原料、さらにツバキやシルク、米ぬか、黒大豆など髪を美しくする成分を20種類以上も配合していますので今まで以上に髪が美しくなるはずです!

 

クロエベールは白髪染めだけではなく、美しい髪を目指すスペシャルパックなのです。

 

また、白髪染めを使うと鼻にツンとするニオイが気になる方もいるかと思いますが、クロエベールはツンとする刺激臭は一切ありませんので、ニオイに敏感な方でも安心して使うことができます。

 

クロエベールは信頼度の高いマイケアの商品だから安心

クロエベールの販売元は、信頼度の高い「マイケア」の商品だから安心です。
マイケアは、クロエベール以外にも

  • 青汁
  • 育毛剤
  • 歯磨き粉
  • お茶

など色んなジャンルの商品を幅広く取り扱っていますので安心ですね。

 

安全性にもしっかり配慮していて、ネット通販中心の販売形態ですのでアフターケアも万全です。

 

美容院に行って白髪染めするのは大変だから自宅で手軽に白髪染めしたいという方は、まずはクロエベールを試してみてはいかがでしょう?